東京都東村山市 重症心身障害児(者)施設 
重症心身障害児者施設 社会福祉法人 天童会 秋津療育園 〒189-0002 東京都東村山市青葉町3-31-1

重症心身障害児者施設 入所事業 重症心身障害児者施設 地域支援事業 重症心身障害児者施設 求人 重症心身障害児者施設 ボランティアさん 秋津療育園 交通案内
 
障害者施設 調理師の求人 
障害児者施設 見学 実習

社会福祉法人 天童会 秋津療育園は、児童福祉法に基づく医療型障害児入所施設及び障害者総合支援法に基づく療養介護事業を行う施設で、その対象は重症心身障害児者の方々です

秋津療育園 運営方針  
 
障害児者の生命を守る      福祉の向上に貢献します 
 
きめ細やかな療育  諸外国と交流 
   
 知識と技術と精神を養う 力を合わせます 

理事長挨拶
 

インクルーシブな世界を、秋津の地に!

本年、秋津療育園は、創立60周年を迎え、記念式典を7月21日に行いました。

 昭和33年、創設者の草野熊吉先生は、障害のあるお子さんを抱える家庭の困難な状況を知り、「この子どもたちが、安心して生活ができる施設をつくろうと思った」と開園の目的を語っておられます。「開拓は、茨の道だった」そうです。草野先生を始め、多くの職員の方々が、今日に至るまで、福祉の道に分け入り、歴史の道を開いてきています。そして、その方々に守られて、かけがえのない生命と幸せな生活を築いて来られた園生がいます。園生の方々も、また、歴史の証し人です。

 そこで、この式典では、在園55年以上の9人の方に、これまでの秋津療育園の歴史を創ってこられたことを称えて、感謝状を差し上げました。前に出た代表の9名の方は、誇りに満ちた崇高な表情をしていたそうです。

 歴史の流れの中で、園生の高地ちずるさんは、「はるか かなたを 見つめて生きることも、だいじなことにちがいないけど、それよりもだいじなことがある。いまに生きる、いまに生きる、いまに生きる」(「タイプの詩」)と書いています。この心に響くメッセージを指針として、足元の「いま」を踏み固めながら、明日へと、新たな秋津の歴史の道を歩んで行きたいと思っています。

  その新たな道の第一歩である「60周年記念事業」として、地域支援事業を推進するため、「地域支援事業準備室」を開設し、企画・立案を行っています。現在、秋津療育園には、0歳から2歳までの保育園「こひつじ園」がありますが、平成32年10月の開所を目指して「医療型」と「福祉型」の保育所を新設します。それによって、障害のある子どもも障害のない子どもも、共に育ち合える機会と場のある環境が整います。そのコンセプトは、「インクルーシブな世界を、秋津の地に!」です。

次の記念事業は、病棟前の中庭の整備です。高齢化に伴い、近隣の「全生園」に散歩に行くこともままならなくなってきています。そこで、春には、秋津の歴史を紡いできた見事な桜が咲き、秋には、姫りんご、柿、花梨などの果物が実り、芝生の緑が美しい中庭を散歩して、外気と穏やかな陽光を浴びながら、自然を楽しめるように遊歩道をつくり、花壇に花を咲かせるなどの環境整備をします。3年後には 花一杯の庭をイメージしていますが、今は、その第一歩です中庭には、創立10周年記念の「倖せの像」があります。そこには、モクレン、ライラック、ツバキなどの記念の植樹もあります。3月には、その前で、コンサートも企画しています。自然のもつ癒しの力が、園生全員に注がれますようにと、願っています
理事長 飯 野 順 子
 
  入所事業 地域支援事業 障害児者施設 求人 ボランティア 秋津療育園 交通案内
施設概要 沿革 短期入所 医療入院 秋津療育園 求人 ボランティアの皆様へ 電車でお越しの方
療育案内 相談支援センター ご寄附のお願い 車でお越しの方
各課案内 通園センター 周辺地図
  障害者歯科外来
託児所 こひつじ園 見学と実習

天童会 トップページへ戻る